- BMW
メニュー

BMW M1(1978~1981)

BMWの基礎知識|, ,

BMW名車図鑑-M1

BMW M1モデル紹介

打倒ポルシェを掲げて生産されたスーパースポーツカー

最近、 BMW X1や2シリーズアクティブツアラー/グランツアラーなど、BMWでもFF(前輪駆動)のクルマが登場していますが、多くのクルマはFR(後輪駆動)を採用しています。そのBMWの歴史の中でエンジンを運転席後方に置く、ミッドシップ方式を採用しているのはこのBMW M1とi8だけです。当時のフェラーリやランボルギーニといったスーパーカーと同じミッドシップの駆動方式、そしてリトラクタブルヘッドライトを採用したM1はBMWが作ったスーパーカーと言えるモデルです。BMW M1は1972年にモータースポーツの業務を行うため、BMWの子会社として設立されたBMWモータースポーツ社、後のBMW M社によって製作されたモデルで、1978年10月のパリサロンで発表されました。BMW M1は当時ポルシェの独壇場となっていたグループ4/5(シルエット・フォーミュラ)レースに参戦し、チャンピオンを獲得するためのホモロゲーションモデルとして製造されます。BMWにとってミッドシップという駆動方式は未知な部分が多いため、イタリアのランボルギーニと提携しますが、ランボルギーニ側の進行が思うように進まず、提携を解消。そしてイタル・デザインの傘下であるバウアー社が手掛けることになります。組み立てはバウアー社、最終調整はBMWモータースポーツ社で行うという複雑な工程だったため、価格が高騰。そしてなによりグループ4の参戦規定台数である年間400台を達成するのは不可能という現実を突きつけられました。そこで、有名レーサーを擁したM1によるワンメイクレースを行い成功は収めるものの、レースのレギュレーション変更やBMWモータースポーツ社のF1への挑戦も重なり、わずか456台(諸説有り)しか生産されませんでした。BMW M社が初めて生産した市販車であること、そしてミッドシップスポーツカーであるM1はBMWの中でも特別なモデルです。それでは M1の特徴やBMWの歴史の中での位置づけについて紹介しましょう。

BMW M1のスペック

BMW-M1のスペック

パイプフレームのボディやサスペンションシステムはまさにレーシングカー

BMW M1のボディサイズは全長4360mm×全幅1824mm×全高1140mmです。ホイールベースはスーパーカーとしては長めの2560mmで、これはツーリングカーレースを見越したものと言えます。搭載されるエンジンは元々ツーリングカーレース用の3.5CSL用に開発された3.5L直列6気筒DOHCエンジンをミッドに搭載。最高出力277ps、最大トルク33.0kg-mを発生し、ジウジアーロがデザインしたFRP製ボディは最高速度262km/h、0-100km/h加速5.6秒というパフォーマンスを発揮しました。このエンジンに組み合わされるミッションは5速MTのみとなります。ボディは鋼管と角形鋼板によって形成されたセミスペースフレームを採用。ボディの外板はすべてFRP製となっているため、車両重量はわずか1300kgと軽量となっています。サスペンション形式はレーシングカーさながらの前後に不等長ダブルウィッシュボーン式を採用し、フロントに205/55VR、リアに225/50VR16というサイズのタイヤを装着しています。BMW M1は当時の価格で2650万円という高価格でした。

BMW M1の特徴

BMW-M1の特徴

456台しか生産されなかったBMWのミッドシップスポーツ

BMW M1はミッドシップスポーツカーを作ったことのないBMWにとって未知への挑戦でした。その結果、ランボルギーニをはじめ、レーシングカーのシャシーを製作するダラーラといった様々な会社と提携、協力することで製造されたモデルです。元々レース参戦車として開発されましたが、リトラクタブルヘッドライトやロー&ワイドなフォルムはランボルギーニカウンタックやフェラーリ512BBと同様にスーパーカーそのものでした。しかも、様々な会社との提携による製造のため、月産4台程度しか生産できず、スーパーカーの中でもレアな存在といえるでしょう。

BMWの歴史の中での位置づけ

BMWの歴史の中での位置づけ

後に登場するMモデル最初のクルマ

BMW M1というプロジェクトは結果的に見れば失敗に終わりましたが、その後登場するM5やM6といったBMWのハイパフォーマンスモデルの祖といえるモデルという点では注目でしょう。そしてスポーツカーレース制覇というBMWの野望の詰まった意欲作だったと考えられます。その後BMWが製造したミッドシップスポーツカーというとプラグインハイブリッド車のBMWi8ということを考えると、BMWにとってミッドシップモデルは特別なモデルと考えられるのではないでしょうか。

BMW M1 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW M1(1978~1981) 」 に関するページです。

ページトップへ