メニュー

ミニクラブマンALL4スクランブラーコンセプトがイタリアで発表

編集部通信|, ,

ミニクラブマンALL4スクランブラ―コンセプト

BMWモトラッド(バイク)とミニクラブマンのコラボ

先日ALL4が発表されたばかりのミニクラブマン(F54)に面白いコンセプトモデルが発表されましたよ。イタリアで発表された「Mini Clubman All4 Scrambler concept」は何とBMWのバイクとのコラボで生まれました。デザインコンセプトとなったBMWのバイクは2015年11月にミラノショーで発表された「R NineT スクランブラー」というバイクです。オンロードバイク、オフロードバイクの区別が無かった時代にどちらも走破できるタイプのバイクをスクランブラー呼んでいたのですが、アップハンドルやアップマフラーなどが特徴です。バイクの世界ではここ最近、スクランブラーの名を冠したモデルが人気で、BMW以外にも各社が同様のスタイルのバイクを販売しています。このようなスクランブラーのBMWモトラッド版のデザインにインスパイアされてデザインされたのがミニクラブマンALL4スクランブラーコンセプトというワケです。R NineT スクランブラーは世界での発売予定があるバイクですが、ミニクラブマンALL4スクランブラ―コンセプトの発売はどうなんでしょうね。メルティング・シルバーのクラブマンをベースにすれば似たカスタムは可能だと思いますが。

フォトギャラリー

スクランブラーの名の通り、リフトアップされたクラブマン

詳細な情報が発表されていないのでフォトギャラリーから妄想を膨らませてください。既成の純正パーツやアフターパーツでこんなテイストのクラブマンはカスタム可能だと思いますよ。ホイールはもう少しガッシリしたデザインの方が似合いそうな気がしますが、いろいろなデザインの中から選べますし、アディショナルヘッドランプもメーカーオプションで用意されています。シートカバーはCABANAの「パークレーン本革パンチングタイプ」が似たカラーですし、特注だってOK。ルーフキャリアはお好みで…意外と簡単に真似できそうですよ。ただし、このクラブマンはスクランブラーの名を冠しているだけあって若干リフトアップ(車高を上げること)されているのですが、サスペンションを変えたのかボディリフトなのかは不明です。クーパーS(SD)のエアダクトは個人的には無い方が好みなのでトルクフルなエンジンのクーパーD クラブマンでカスタムしてみたいですね。ちなみにボディカラーはメルティングシルバーではなく、BMW Mシリーズで採用されているミッドナイトフローズングレイというカラーです。しかし、ラグジュアリーな雰囲気が特徴のクラブマンも少し手を加えてやればワイルドなミニになるんですね。いい勉強になりました。

BMWのバイクの歴史とR NineT スクランブラー

BMW R32 1923年から販売されていたバイク

BMWのバイクは車より歴史が長い

「R NineT スクランブラーって何?」、「BMWってバイクを作っていたの?」と言う方に簡単にBMWの歴史を説明しますと、実はBMWは車よりバイクの方が歴史が長いんです。最初、航空機の会社として創業したものの(そのためBMWのエンブレムは回転するプロペラがモチーフ)、第一次世界大戦の敗戦で航空機製造を一時的に禁止され、手がけはじめたのがバイクの生産でした。写真のバイクは1923年から生産されたR32というモデルです。

R NineTはBMWのイメージを変えたバイク

第2次大戦後、BMWの事業の主軸が車に移り変わった後もBMWのバイク事業は続きます。1970年代から日本車に押され、バイク事業からの撤退が検討された時期もありましたが、現在では世界をリードするバイクメーカーの1つとなっています。BMWのバイクというと一昔前までは「オジさんが乗るバイク」というイメージでしたが、世界で盛り上がるバイクのカスタムブームの流れに乗り、開発されたのがR NineTで、そのカスタム色を一歩強めたのがR NineT スクランブラーです。少し前までのBMWのバイクはマフラーを交換して、快適装備を取り付けたらカスタムはオシマイ、というバイクでした。それが今や余計な装備をストリップして、タンクやエンジン、マフラーなどの造型を楽しませるバイクを作っているんですから面白いですね。

R NineTベースのさまざまなカスタムバイクが製作されています

ちなみに、R NineTは今回のスクランブラ―コンセプト以外にもさまざまなカスタムへの取り組みがなされてきました。日本人の著名なカスタムビルダー4名に製作を依頼し、カスタムされたR NineTは日本だけではなく、世界をサーキットして展示されました。また、サーフカルチャーにフォーカスしたコンセプトモデルの製作など、現行のBMWモトラッドを代表するカスタム色の強いモデルとして世界中で人気を博しています。MINIのサイトなのにバイクのことを書き過ぎましたね。編集部員がBMWのバイク好きなもので、つい力が入ってしまいました…。

ミニクラブマン(F54、R55)、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「ミニクラブマンALL4スクランブラーコンセプトがイタリアで発表 」 に関するページです。

ページトップへ