メニュー

ミニ クラブマン(R55) コンセプトモデルまとめ

新型スクープ|,

R55クラブマン・コンセプト

2007年10月に華々しくデビューした先代MINIクラブマン(R55)。とうとう今年2014年の夏に生産終了となっていましましたね。ただ、いよいよ来年には第3世代の新型MINIクラブマン(F54)が登場する予定ですよ。前回のジュネーブコンセプト以来、情報がありませんが、本稿では改めて先代MINIクラブマン(R55)のコンセプトからデビューまでを振り返ってみたいと思います。もう7年前なので、忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。先代のコンセプトを今見返すことで、もしかすると新型MINIクラブマン・コンセプト(2014年3月登場)に新な発見があるかもしれませんよ。

ミニクラブマン(F54、R55)、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

目次

  1. 2005年09月:MINIトラベラーコンセプト
  2. 2005年10月:東京バージョン
  3. 2006年01月:デトロイトバージョン
  4. 2006年03月:ジュネーブバージョン
  5. 2007年10月:市販バージョン

2005年9月:MINIトラベラーコンセプト

コンセプト・フランクフルト

2005年9月のフランクフルト・モーターショーにてデビューしたのが、クラブマンの元祖コンセプトモデル「コンセプト・フランクフルト」です。このモデルは、1960年9月に登場したクラシックミニのワゴンモデル「ミニ・トラベラー」をインスパイアする形で作られもの。MINIはこのコンセプトモデルについて、「ミニの3ドアエステート(ワゴン)であり、トラベル・イン・スタイルを実現するモデル」とコメントしています。注目はリアドアが、スプリットドア(観音開きのドア)になっている点で、当時は大きな反響を呼びました。

1960年にデビューしたクラシックミニ
「ミニ トラベラー」

MINIトラベラー

1960年にMINIのワゴンモデルとしてデビューしたのが、ミニトラベラー(モーリス社製)です。コンパクトなフレームはそのままにリアに両開きのスプリットドアを搭載、圧倒的な実用性を身につけたモデル。エクステリアにウッドを使ったデザインは、現代でも憧れる人は多いようです。トラベラーはこの後、1970年代前半にクラブマン・エステートへと進化。そして約30年後の2005年、フランクフルトモーターショーで新世紀MINIトラベラーとして蘇ったのです。

2005年10月:東京バージョン

トラベル・イン・スタイルがコンセプト

2005年フランクフルトモーターショーと同年、2005年10月の東京モーターショーにてミニは新しいコンセプトカーをデビューさせます。フランクフルトの「トラベル・イン・スタイル」のコンセプトをさらに推し進め、ラゲージルームに斬新な収納機能を搭載。なんと中にはティーセットが入っていますよ。そして驚くべきが後部座席についたテーブル。そう、ラゲージルームのティーセットをここで頂くという…なんともユーモアあるコンセプトモデルですね。

2006年1月:デトロイトバージョン

収納力を強化したコンセプト提案

2006年1月に開催されたデトロイトモーターショーでは、サイドウィンドウに掛けられる多機能の収納ボックスや、床下のカーゴボックスなど「トラベル・イン・スタイル」というに相応しい収納能力を備えたモデルがデビューしました。全体のスタイリングは販売開始を1年後に控え、ほぼ市販モデル同様に進化しています。あとはクラブドアをつけるだけですが、この時点でもクラブドアは見られませんね。

2006年3月:ジュネーブバージョン

コンセプトではクラブドアはなし

デトロイトで発表したコンセプトモデルをポップにスタイリングしたのが、このジュネーブバージョンです(デビューは、名前の通り2006年3月に開催されたジュネーブモーターショー)。この段階でもクラブドアは搭載されることがありませんでした。ただこのジュネーブショーにて、MINIは公式に「市販予定の新型モデルを開発しており、そう遠くなく販売するだろう」とコメントもしています。

2007年10月:市販バージョン

大好評のもと販売開始されたクラブマン

2007年10月に発表され、日本では2008年の3月2日(ミニの日)に販売開始されました。市販版のクラブマンはミニをベースに全長を240mm、ホイールベースを80mm延長したことで、後部座席の快適性が飛躍的に向上したモデル。コンセプトモデルであったさまざまな収納スペースは採用されませんでしたが、そのぶん車体右サイドに通常ドアの半分程度のクラブドアが採用されています。またボディサイズが拡大したことで、ラゲージスペースがミニ3ドアより100L増、260L(後部座席を倒すと930L)になりました。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「ミニ クラブマン(R55) コンセプトモデルまとめ 」 に関するページです。

ページトップへ