- BMW
メニュー

BMW M5(E60)中古車徹底購入ガイド

BMW 購入ガイド|

BMW-M5(E60)中古車徹底購入ガイド

はじめに

BMWが誇る最強・最速のスポーツセダン

BMW M社はサーキットで培ったテクノロジーを市販車にフィードバックし、BMWの掲げる「駆け抜ける歓び」の頂点に誘うMシリーズを製造しています。1985年にツーリングカー参戦車として初代M3を世に送り出したBMW M社が、世界最速の4ドアセダンとして初代M5を1985年に販売開始(日本導入は1987年)しました。その後30年の間途切れることなく、M5はBMWが誇る最強・最速の4ドアセダンとして君臨しています。現在は2011年7月に導入された5代目M5(F10)まで進化しています。今回の中古車徹底購入ガイドでは、5代目M5(F10)の中古車の増加によって値頃感の出てきた2004年11月に4代目M5(E60)にフォーカスを当てます。

BMW M5 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

4代目 BMW M5(E90)のモデル変遷

BMW史上最強の新開発V10エンジンを搭載

4代目 BMW M5(E90)は2004年11月に日本に導入されました。クリス・バングルが手がけた5シリーズ(E60)をベースとした4代目M5(E60)は、3代目M5(E39)と比べると、エクステリアはおとなしい印象を受けます。ボディサイズは全長4870mm×全幅1845mm×1470mmで、3代目M5(E39)に比べて全長が+35mm、全幅が+45mm、全高が+35mm拡大されています。ボディサイズが大きくなった4代目M5(E60)の注目ポイントは搭載されているエンジンにあります。4代目M5(E60)にはF1で培った技術をフィードバックしたBMW初の新開発5L V型10気筒DOHCエンジンが搭載されました。3代目M5(E39)は5L V型8気筒DOHCエンジン、そして5代目M5(F10)が4.4L V型8気筒DOHCツインターボエンジンを搭載しています。4代目M5(E60)は歴代モデルの中で唯一V型10気筒エンジンを搭載した貴重なモデルなのです。3代目M5(E39)より107psもパワーアップし、当時BMWのエンジンとしては最強のスペックでした。組み合わされるミッションは2ペダル7段MTのSMGで、スポーツモードではドライバーがステアリング上のシフトレバーかシフト・パドルで変速操作を行うことも可能です。駆動方式はFR(後輪駆動)のみで、ボリュームアップしたボディに収められるリア285/35ZR19という極太サイズのタイヤによって507psのパワーを路面に伝えます。そしてレザーを多用した専用インテリアは3色のカラーが選べ、ヘッドアップディスプレイも装備。電子制御を駆使した安全装備も充実しており、高次元の走行性能と同時に、プレミアムセダンとしての性格も併せ持っていました。

4代目-BMW-M5(E90) 2007年のマイナーチェンジ

マイナーチェンジによって内外装を変更

4代目M5(E60)は2007年6月にマイナーチェンジが行われます。エクステリアデザインをより滑らかなライン構成とするとともに、ヘッドライトにクリアガラス、ターンインジケーターやテールランプにクリアレンズが採用されました。また同時にオプションとしてキーを使わずにドアを解錠し、エンジンを始動させることができるコンフォートアクセスなども追加されています。本国では2007年にステーションワゴンのM5ツーリング(E61)も追加されましたが、こちらは日本へ正式導入されることはありませんでした。

BMW M5(E60)ボディサイズ・車両重量

グレード名 生産期間 全長 全幅 全高 車両重量
M5 2004年11月〜2007年5月 4,870mm 1,845mm 1,470mm 1,880kg
2007年6月〜2010年3月 4,870mm 1,845mm 1,470mm 1,880kg

BMW M5(E60)エンジンスペック

グレード名 搭載エンジン 最高出力 最大トルク JC08モード燃費
M5 5LV型10気筒DOHC 373kW(507ps) 520Nm(53kg-m)
5LV型10気筒DOHC 373kW(507ps) 520Nm(53kg-m)

BMW M5(E90)の中古車情報

BMW-M5(E90)の-中古車情報

台数の限られたプレミアムカーは1台1台じっくりと検討を

BMWの数あるモデルの中で人気の高いM5ですが、デビュー時に1000万円を超えていた高額車なので、中古車として流通しているのはわずか47台です(2016年2月現在)。その中で4代目M5(E60)は20台となっています。新車当時の価格はデビュー当時1290万円で最終的には1410万円まで値上がりした4代目M5(E60)ですが、最新の中古車の平均価格は325万円付近となっていて、新車時の3分の1で手に入れることができます。それでは年式を見てみましょう。2005年から2007年までが6台ずつで、2008年が2台。2009年式以降の中古車は流通していません。それでは、年式ごとの価格帯を調べてみましょう。2005年式は250万~298万円、2006年式は258万~357万円。2007年式は318万~398万円、2009年式は500万円となっています。それでは走行距離はどうなっているのでしょうか。最も多いのが5万~7万kmで8台、そして7万~9万kmが5台と約70%を占めています。中には3万km以下という中古車もありますが、400万円以上と高額になっています。走行距離5万km以上が中心と聞くと、不安に感じるかも知れません。しかし、初年度登録から9~11年経過している中古車なので、年式相当か若干少なめと言えます。消耗品はキチンと交換されている上、しっかりと走っている車ならコンディションは良好なことが多いでしょう。ボディカラーは白が最も多く、シルバー、黒の順番です。それでは4代目M5(E60)の中古車をまとめてみましょう。年式は2005~2007年、走行距離は5万~9万km、予算は400万円以下というのがボリュームゾーンとなります。この条件で検索してみましょう。

BMW-M5(E90)のオススメ中古車

消耗品であるクラッチ交換済みなら購入後の出費は抑えられる

年式は2005~2007年、走行距離は5万~9万km、予算は400万円以下という条件で4代目M5(E60)の中古車を検索してみると13台ヒットしました。価格帯は250万~398万円となっています。走行距離を5万km以上すると、300万円以下で購入することができます。ただし、すでに初期モデルは登場から10年を超え、コンディションの判断が購入後の出費に大きく関わってきます。特に4代目M5(E60)に採用されている2ペダルMTのミッションは、トラブルがあれば高額な出費が避けられないため、すでにクラッチ交換済みの中古車も選ぶことで、購入後の出費を抑えることもできます。今後大きく中古車相場が変動したり、流通量が変化したりすることは考えにくい車種ですから目先のものに飛びつかず、じっくりと吟味することが大切です。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW M5(E60)中古車徹底購入ガイド 」 に関するページです。

ページトップへ