- BMW
メニュー

BMW1シリーズの新旧モデルの違いを徹底解説(旧型[E87]、現行型[F20])

BMW 購入ガイド|, ,

BMW1シリーズ(F20)走り

目次

  1. ヒストリー
  2. ボディの違い
  3. エクステリアの違い
  4. インテリアの違い
  5. エンジンの違い
  6. グレードの違い

後輪駆動らしい軽快な走りは不変のBMW1シリーズ

1シリーズはBMWブランドのエントリーモデルです。エントリーモデルといってもBMWの掲げる「駆け抜ける歓び」を体感できる高い走行性能は健在で、BMWの単なる入門モデルではありません。先代1シリーズ(E87)では5ドアハッチバックに加えて、2ドアクーペ、カブリオレの3タイプを用意していました。しかし、現在ではモデルが細分化され、現行型(F20)ではBMW1シリーズは5ドアハッチバックのみとなりました。先代(E87)にあった2ドアクーペやカブリオレは現行モデルでは2シリーズクーペ・カブリオレとなっています。そこで、今回の新旧比較は1シリーズのハッチバックで進めていきたいと思います。

BMW 1シリーズ 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

BMW1シリーズの歴史

クラス唯一の駆動方式を採用したBMWのエントリーモデル

初代BMW1シリーズ(E87)は2004年10月に日本に導入された5ドアハッチバックです。VWゴルフやアウディA3などと同じCセグメントというカテゴリーに属しますが、このクラスで唯一後輪駆動のFR車としてBMWらしい独自性を主張しています。ベースとなっているのはE90型の3シリーズで、高い走行性能を支える50:50の車両重量の前後バランスを継承しています。全幅が1750mmに抑えられた1シリーズ(E87)は当時全幅が拡大し、立体駐車場を使用できなくなった3シリーズユーザーの受け皿として人気になりました。リアのサスペンションにアルミ部品の採用や、パンクをしても約80kmは走行可能なランフラットタイヤをクラスで初めて採用するなど新しい挑戦を行っています。デビュー当時のエンジンラインナップは最高出力85kW(115ps)の1.6Lと、最高出力が95kW(129ps)、110kW(150ps)という異なる2つの仕様の2L直列4気筒の2種類、3タイプでした。2005年10月に最高出力195kW(265ps)を発生する3L直列6気筒エンジンを搭載する130iMスポーツを追加しています。また、2007年には内装の質感の向上や外観のバンパーデザイン、ヘッドライト周りのデザインを変更するマイナーチェンジを行っています。この時に118iは生産中止となりました。そして、2010年には1.6L及び2Lエンジンが改良され、直噴そして希薄燃焼技術(リーン・バーン)が採用され、約10%の出力向上と約25%の燃費改善が実現しました。

高い走行性能だけでなく、安全性能と燃費に磨きをかけた現行のBMW1シリーズ(F20)

2011年6月、デビューから7年でプレミアム・コンパクトカーの1シリーズはフルモデルチェンジを行い、現行型 (F20)が日本に導入開始となりました。先代1シリーズ(E87)と同様にクラス唯一のFR(後輪駆動)を採用した5ドアハッチバックという独自性は変えず、さらに安全性能や燃費性能が向上しています。現行型(F20)から、BMWの新しいデザインコンセプトであるデザインラインを採用しました。スタンダード、スポーツ、スタイル、Mスポーツが設定され、エクステリアデザインをはじめ、インテリアパーツ、それぞれのモデルの特別な装備を採用することで、ユーザーの多様化するニーズに対応しています。

搭載されているエンジンは最高出力100kW(136ps)と125kW(170ps)の2つの異なる仕様がある1.6L直列4気筒ターボです。先代の(E87)は2L自然吸気エンジンが主力でしたが、現行型(F20)では排気量がダウンサイジングされています。また、アイドリングストップ機構やブレーキ回生システムなどBMWの環境技術エフィシェントダイナミクス技術を採用し、高い燃費性能を実現しました。2012年8月よりBMWのレース部門を担当するM社がチューニングを施した最高出力235kW(320ps)を発生する3L直列6気筒ターボが追加されます。そして2015年5月にマイナーチェンジを行い、エクステリアデザイン変更をはじめ、シリーズ初となる1.5L直列3気筒ターボが搭載されました。

BMW1シリーズ 新旧モデルでのボディの違い

(写真左:先代1シリーズ(E87) 写真右:現行1シリーズ(F20) )

ボディサイズの拡大に伴い、目に見えないトレッド幅まで拡大するこだわり

続いてはボディサイズについてお話しましょう。先代(E90)の3シリーズの全幅が1800mmを超えてしまい、立体駐車場を使用しているユーザーが先代(E87)の1シリーズを購入したということに触れましたが、先代(E87)は全長4240mm×全幅1750mm×全高1400mmでした。一方の現行型(F20)は全長4340mm×全幅1765mm×1全高1460mmと全長で100mm、全幅が15mm、全高が60mm大きくなっていますが、取り回しの良さはほぼ変わっていません。注目して欲しいのはクルマの左右の車輪の中心間距離であるトレッドの数値です。一般的に数値が大きい、広い方がコーナリング性能の向上など様々な効果があるのですが、先代(E87)の1シリーズのトレッド幅はフロントが1480mm・リアが1495mmに対して、現行型(F20)はフロントが1515mm・リアが1550mmとワイドになりました。

標準装着するタイヤサイズを見てみると、先代(E87)の120iは205/55R16、現行型(F20)の120iは225/45R17を装着しています。これはパワーアップしたエンジンの出力に合わせて操縦安定性やコーナリング性能を向上させるために、トレッドを広げてタイヤサイズを大きくしたといえるでしょう。一般的に幅の広いタイヤを装着すると最少回転半径が大きくなるのですが、トレッド幅を広くしているため幅の広いタイヤを装着した現行型(F20)の120iは先代(E87)の120iと同じ5.1mの最少回転半径となっています。また、ラゲージスペースは先代(E87)が5人乗車時で330L、現行型(F20)が5人乗車時で360Lと大きくなり、ユーティリティの向上に貢献しています。ボディサイズが大きくなり、ホイールベースも先代(E87)の2660mmから2690mmへと30mm延びましたが、1シリーズ特有のキビキビとした走りは健在で、ボディサイズやトレッド幅の拡大によって安定感がプラスされました。

現行型(F20)120i Mスポーツ 先代(E87)120i Mスポーツパッケージ
全長 4,340mm 4,240mm
全幅 1,765mm 1,750mm
全高 1,430mm 1,400mm
ホイールベース 2,690mm 2,660mm
車両重量 1,440kg 1,410kg
トランク容量 360L 330L

BMW1シリーズ 新旧モデルのエクステリアの違い

先代1シリーズ(E87)

現行1シリーズ(F20)前期

現行1シリーズ(F20)後期

フロントマスクは精悍にそしてリアは横長のコンビネーションランプで安定感を演出

先代(E87)と現行型(F20)の違いを挙げると、フロントマスクではキドニーグリルが大型化したこと、ヘッドライト形状の変更が特徴的です。現行型(F20)も2015年8月にマイナーチェンジが行われ、LEDヘッドライトを採用した現行型後期モデルは先代(E87)と同様につり目のヘッドライトとなりました。前期型の垂れ目に見えるヘッドライトはかなりインパクトがあり、そこは好みが分かれるでしょう。サイドは現行型(F20)のフロントからドアを通ってリアに延びるキャラクターラインがさらに強調され、コントラストが強くなりましたが、基本的には先代(E87)のデザインを踏襲したものといえます。リアのコンビネーションランプは先代(E87)が縦型だったのに対して、現行型(F20)はほかのBMWモデルと同様に横型のコンビネーションランプを採用。リアのフェンダーまで回り込んだデザインとなりました。これによって、現行型(F20)はサイドのキャラクターラインで低重心さを強調し、リアフェンダーまで回り込んだコンビネーションランプでよりワイドボディに見せる視覚効果を生んでいます。

BMW1シリーズ 新旧モデルのインテリアの違い

BMW1シリーズ(E87)

BMW1シリーズ(F20)

先代で指摘されたリアシートの居住性が大幅に改善

ドライバー中心の設計と水平基調採用している点は変わっていませんが、現行型(F20)ではセンターパネルを傾けるなどよりドライバーを中心とした変化が進みました。先代(E87)のインパネデザインはセンターを高くして両サイドへ下がり、より視界を広く見せるものでした。一方の現行型(F20)は逆に両サイドに向かって盛り上がっていくようなデザインを採用しています。このデザインはより室内を広く見せる効果があります。そして、ホイールベースが30mm長くなったことで現行型(F20)はリアの居住性がかなり向上しました。先代(E87)もこのクラスとしては十分広かったのですが、現行型(F20)は全高も高くなり、後部座席の頭上のスペースにも余裕が生まれています。1シリーズもグレードによる装備差が大きいので1つ1つあげているときりがないのですが、ディスプレイの大型化やシフトノブの進化、電気式パーキングブレーキの採用など電装系の進化も大きいといえるでしょう。

(写真左:先代1シリーズ(E87) 写真右:現行1シリーズ(F20) )

BMW1シリーズ 新旧モデルのエンジンの違い

(写真左:先代1シリーズ(E87) 写真右:現行1シリーズ(F20) )

高出力と低燃費を両立させた小排気量化されたターボエンジンが主力

それではエンジンを見てみましょう、先代(E87)が過給器(ターボ)を使用しない自然吸気(NA)エンジンを搭載していたのに対して、現行型(F20)は、過給器を使用したターボエンジンがメインとなっていることが大きな違いです。ターボエンジンのメリットは低回転から大きなパワーを発生し、加速がよりスムーズになること。そしてエンジン排気量を小さくすることができ、燃費性能が向上することです。先代(E87)は130iに搭載される3L直列6気筒エンジンを筆頭に120iに搭載される2L直列4気筒、116iに搭載される1.6L直列4気筒の3種類が用意されていました。(前期モデルにあった118もエンジンは2L直列4気筒)。一方の現行型(F20)は135iに搭載される3L直列6気筒ターボをはじめ、120iに搭載される1.6L直4ターボ、118iに搭載される1.5L直3ターボとこちらも3種類用意されています。

ここでは主力モデルといえる120iで比較してみましょう。先代(E87)120iに搭載される2L直列4気筒DOHCエンジンは最高出力125kW(170ps)、最大トルク210Nmを発生し、6速ATと組み合わされてJC08モード燃費は13.4km/Lとなっています。現行型(F20)120iに搭載されている1.6L直列4気筒ターボは最高出力130kW(177ps)、最大トルクは250Nmを発生し、8速ATと組み合わされることでJC08モード燃費は16.8km/Lを実現しています。排気量が400ccダウンサイングされているにもかかわらず、最高出力は7psアップ、最大トルクは40Nmもアップしているにも関わらずJC08モード燃費が3.4km/Lも向上しています。加速性能に影響する最大トルクを先代(E87)は4250回転で発生するのに対し、現行型(F20)は1500~4500回転で発生します。これが何を意味するのかというと、発進加速が良いことや追い抜き等の際にアクセルを踏むと素早く加速するということです。昔はターボエンジンは燃費が悪いと言われていましたが、燃料を燃焼室に直接噴射するダイレクトインジェクションの進化によって、もうすでにそれは過去の話となりました。

現行型(F20)120i Mスポーツ 先代(E87)120i Mスポーツパッケージ
エンジン 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHC
総排気量 1,598cc 1,995cc
最高出力 130kw(177ps) 125kw(170ps)
最大トルク 250N・m (25.5kg-m) 210N・m (21.4kg-m)
タンク容量 52L 50L
JC08モード燃費 16.8km/L 13.4km/L

BMW1シリーズ 新旧モデルのグレードの違い

(写真左:先代1シリーズ(E87) 写真右:現行1シリーズ(F20) )

先代(E87)と現行型(F20)では安全装備に大きな差がある

グレードは先代(E87)ではスタンダードをはじめ、専用のサスペンションや空力特性を高めエアロパーツを装着したMスポーツパッケージ、本革シートをはじめ豪華装備が魅力なハイラインパッケージの3種類が設定されていました。現行型(F20)ではデザインラインに基づいてスタンダード、スポーツ、スタイル、Mスポーツと4種類が用意されています。さらに、安全装備ではカメラで前方の監視を行い安全運転に貢献するドライビング・アシストを一部グレードを除き、標準装備となりました。また、現在では必需品となったITS(DSRC)対応機能付ETC車載機システムや車載の通信モジュールを利用し、乗員の安全と車両状態を見守るBMWコネクテッドドライブスタンダードが標準装備されるなど、現行型(F20)の安全装備の進化は見逃すことはできません。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW1シリーズの新旧モデルの違いを徹底解説(旧型[E87]、現行型[F20]) 」 に関するページです。

ページトップへ