- BMW
メニュー

200万円以下でBMWオーナーになろう! 初めてのBMWにオススメな1シリーズの中古車

BMW中古車探し|, ,

200万円以下でBMWオーナーになろう! 初めてのBMWにオススメな1シリーズの中古車

ハッチバック、クーペ、カブリオレの3つのボディタイプを用意

新車当時には手が届かなかったクルマが割安感のある価格となって購入できる、それが中古車の魅力ですよね。BMWやMINIをはじめとする輸入車は中古車でなら手が届く、という方も多いでしょう。若い方が初めて輸入車に触れる機会としても中古車でのBMWやMINIの購入はオススメです。BMWやMINIの高い走行性能は中古車となっても色あせませんしね。

さて、この記事では「予算200万円以下でBMWオーナーになろう!」というテーマでオススメの中古車を紹介します。年式や走行距離を問わなければ予算200万円で1シリーズから7シリーズまで好きなモデルを選ぶことができます。今回は初めてのBMWオーナーになる方にオススメなモデルとして、1シリーズの中古車の購入ガイドを行います。BMWブランドのエントリーモデルにあたる1シリーズは、まず2004年9月にまず5ドアハッチバックの1シリーズ(E87/E81)が登場します。続いて2008年2月に2ドアクーペ(E82)翌3月に4人乗りのコンバーチブル(E88)が日本に導入されます。5ドアハッチバックは2011年9月にフルモデルチェンジを行い2代目となる現行型1シリーズ(F20)にスイッチしますが、1シリーズクーペとカブリオレは2シリーズへと進化します。予算200万円で1シリーズの中古車を購入しようとすると初代1シリーズハッチバック(E87/E81)だけでなく、2ドアクーペ(E82)、カブリオレ(E88)、現行型1シリーズ(F20)にも手が届いてしまいます。それでは、中古車でオススメの1シリーズを詳しく紹介しましょう。

BMW 1シリーズ 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

BMW 1シリーズは日本の道路事情にマッチしたボディサイズ

現行型1シリーズ(F20 120i) 先代1シリーズ(E87 120i)
全長 4,340mm 4,240mm
全幅 1,765mm 1,750mm
全高 1,430mm 1,400mm
ホイールベース 2,690mm 2,660mm
車両重量 1,440kg 1,410kg
トランク容量 360L 330L

初めてBMWをマイカーとして迎える時に、ボディサイズは気になるところです。初代1シリーズハッチバック(E87/E81)のボディサイズは全長×全幅×全高が4240mm×1750mm×1400mm、ホイールベースは2660mm。取り回しの良さの基準となる最少回転半径は5.1m(120i)です。1シリーズクーペ(E82)のボディサイズは4370mm×1750mm×1385mm、ホイールベースは2660mm。最少回転半径は5.4m(120i)です。そして1シリーズカブリオレ(E88)のボディサイズは4370mm×1750mm×1395mm、ホイールベースは2660mm。最少回転半径は5.4m(120i)です。続いて現行型1シリーズ(F20)のボディサイズですが、4340mm×1765mm×1440mm、ホイールベースは2690mm。最少回転半径は5.1m(120i)です。1シリーズと同じクラスの車種でも全幅1800mmとワイドなボディが増えている中で、1シリーズは日本の道路事情にマッチしたボディサイズとFR(後輪駆動)の駆動方式を活かした、狭い場所でも小回りの効く取り回しの良さがポイントです。

BMW 1シリーズ主力のエンジンは2L直列4気筒DOHCと1.6L直列4気筒ターボ

1シリーズ主力のエンジンは2L直列4気筒DOHCと1.6L直列4気筒ターボ

続いて各モデルのグレードと搭載されるエンジンとミッションを見てみましょう。1シリーズハッチバック(E87/E81)は116i、118i、120i、130iの4グレードが設定されています。116iには1.6L直列4気筒エンジンと6速ATが搭載されます。118iと120i最高出力が異なる2L直列4気筒エンジンと6速ATが組み合わされます。そして130iは3L直列6気筒エンジンを搭載し、ミッションは6速MTと6速ATの2種類が用意されます。1シリーズクーペ(E82)は2L直列4気筒エンジンと6速ATを採用した120iと3L直列6気筒ターボエンジンを搭載し、6速MTと7速ATの2つのミッションを用意する135iを設定しています。1シリーズカブリオレ(E88)は2L直列4気筒エンジンと6速ATを採用した120iの1グレードのみとなります。現行型1シリーズ(F20)は116i、118i、118d、120i、M135iの5グレード。すでに販売が終了している116iとその後継グレードの118iは1.6L直列4気筒ターボエンジン+8速AT。120iは出力を高めた1.6L直列4気筒ターボエンジン+8速ATを搭載します。M135iは3L直列6気筒ターボエンジンを搭載し、8速ATが組み合わされます。そして2016年5月に1シリーズ(F20)に待望のディーゼル車118dが追加されました。2L直列4気筒ディーゼルターボと8速ATを組み合わせたパワーユニットはJC08モード燃費で22.2km/Lを実現しています。初代1シリーズ(E87/E81)、1シリーズクーペ(E82)、1シリーズカブリオレ(E88)は自然吸気エンジンが中心なのに対して1シリーズ(F20)はターボエンジン中心となり、世代によって大きく異なっています。現行の1シリーズ、先代1シリーズのエンジンラインナップの詳細についてはこちらこちらの記事で紹介されていますので、よろしければご覧ください。

トップモデルの135iクーペや2015年式の高年式車も予算200万円で手が届く

(写真左:先代1シリーズ(E87) 写真右:現行1シリーズ(F20) )

それでは中古車の相場や流通台数などを見てみましょう。まず1シリーズハッチバック(E87/E81)です。現在、1シリーズハッチバック(E87/E81)は全国で436台流通していますが、その内130i Mスポーツ2台を除く434台が予算200万円の圏内となっています。流通台数が多いグレードは中古車の約50%を占める116iを筆頭に、120i、118iとスタンダードモデルが並びます。しかしこれが現行型1シリーズ(F20)になると一変します。すでに840台の中古車が流通していて、その内約39%の中古車が予算200万円の圏内に入っています。その中で最も多いグレードは約30%の116iスポーツです。続いて、116iスポーツそしてスタンダードの116iの順番です。年式では2015年式まで予算200万円で購入できるようになっています。続いては1シリーズカブリオレ(E88)です。中古車の流通台数はわずか14台で、そのうち13台が予算200万円の圏内に入っています。グレードは120iと120imスポーツパッケージが半々となっていますので、ボディカラーや装備などで選べます。最後に1シリーズクーペ(E82)ですが、こちらは現在50台の中古車が流通しています。流通しているグレードは高額な135iクーペが多いため、予算200万円以下に絞ると26台と半分近くまで減ってしまいます。その内訳は120i系が10台、135iが16台となります。最近では軽自動車でも新車で200万円を超える車種もありますが、BMW1シリーズならば、圧倒的な走行性能を誇る1シリーズクーペ135iや2015年式という高年式のクルマも購入することが可能です。豊富な中古車からアナタにピッタリの1シリーズが見つかりますよ。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「200万円以下でBMWオーナーになろう! 初めてのBMWにオススメな1シリーズの中古車 」 に関するページです。

ページトップへ