- BMW
メニュー

現行BMWとライバル車を徹底比較(BMW1シリーズ vs VWゴルフ・メルセデスベンツAクラス・アウディA3 )

BMW 購入ガイド|

BMW1走り

目次

  1. モデル概要
  2. ボディサイズ
  3. エンジン
  4. エクステリア
  5. インテリア
  6. 価格

はじめに

コンパクトハッチバックにもFRを採用

BMWが長年培ってきた走行性能や高い質感そのままをコンパクトなボディに詰め込み、2004年に登場した初代1シリーズ(E87)。「Cセグメント」と呼ばれる小型車枠に属しながらも、BMW自慢のFR(後輪駆動)を採用したことで、同社のキャッチフレーズ「駆け抜ける歓び」に恥じない走行性能が楽しめる小型ハッチバックとして高い人気を得るモデルとなりました。BMWのエントリーモデルとしての役割も担っている1シリーズのライバルとしてまず思い浮かぶのは、同じ「Cセグメント」のフォルクスワーゲン・ゴルフ、そしてメルセデス・ベンツAクラス、アウディA3が挙げられるでしょう。

BMW 1シリーズ 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

どのモデルもプレミアムメーカーのエントリーモデルでありつつ、「小さな高級車」でもあるハッチバック車たちです。1974年に初代が発表されて以降、ハッチバック車のスタンダードとなったフォルクスワーゲン・ゴルフは、2012年に登場した現行モデルで7代目となります。現行モデルはフォルクスワーゲンが開発したモジュールプラットフォーム「MQB」を採用したことが世界中で話題となりました。メルセデス・ベンツAクラスは1997年に登場した初代、そして2004年に登場した2代目が室内空間を重視しトールボディを採用していました。それに対し、2012年に登場した3代目となる現行モデルは全長を大幅に延長する一方、全高は150mm以上低くしたことで話題となっています。

そしてフォルクスワーゲン・ゴルフをベースに1996年に初代モデルが登場したアウディA3は、2012年に登場した現行モデルで3代目となります。現行型は従来ハッチバックしかなかったボディバリエーションに4ドアセダンが加わりました。上記で挙げたそれぞれのモデルはプレミアムブランドならではの小型車としてユーザーから支持されています。それではBMWの現行型1シリーズ(F20)とライバル車を比較していきましょう。

モデル概要

(写真左上:BMW1シリーズ 写真右上:VWゴルフ 写真左下:メルセデス・ベンツAクラス 写真右下:アウディA3)

クーペやカブリオレは2シリーズに移行

初代1シリーズ(E87)にラインナップされていた2ドアクーペとカブリオレは新たに2シリーズとして独立したモデルとなり、国内では2012年から販売が開始された2代目1シリーズ(F20)はハッチバックのみの設定となりました。ライバル車のひとつ、フォルクスワーゲン・ゴルフのボディバリエーションはハッチバック、ワゴン、ミニバンと幅広いラインナップを設定しています。また「MQB」プラットフォームを採用したことなどでボディを拡大しつつも軽量化を実現しているのが特徴です。メルセデス・ベンツAクラスはモノフォルムを採用していた初代、2代目から一転、スポーティなデザインを採用したハッチバックとして登場しました。とくにハイパフォーマンスモデルの「A45 AMG 4MATIC」は最高出力280kW(361ps)を発揮するスポーツモデルとして、走りを重視する自動車ファンから注目を集めました。

先代モデルからホイールベースを60mm延長するなどゆとりある室内空間を目指して開発された現行アウディA3は、2013年から国内販売を開始しました。翌年には4ドアセダンが追加設定され、ユーザーの選択肢が広がっています。4車のなかでBMW1シリーズに注目したいのが、先代同様、FRレイアウトを採用していることでしょう。このセグメントでFRを採用しているのは世界中で1シリーズ(F20)のみです。FFと比べハンドリングやコーナリング性能で利点があるといわれるFRをBMWが小型ハッチバックにも採用したのは何より走行性能を追求していることが大きな理由です。

ボディサイズ

BMW118i(8AT) VWゴルフTSIトレンドライン(7AT) メルセデス・ベンツA180(7AT) アウディA3スポーツバック1.4TFSI(7AT)
全長×全幅×全高(mm) 4340×1765×1440 4265×1800×1460 4300×1780×1435 4325×1785×1450
ホイールベース(mm) 2,690 2,635 2,700 2,635
車両重量(kg) 1,430 1,240 1,430 1,320
トランク容量(L) 360~1,200 380~1,270 341~1,157 380~1,270
発売年月 2011年10月 2013年4月 2012年11月 2013年9月
新車価格 298万円 266万円 326万円 303万円

ライバル4車のボディサイズをハッチバックモデルで比較

次に1シリーズ(F20)とライバル車たちのボディサイズを比較してみましょう。ゴルフにはワゴンやミニバン、A3にはセダンもラインナップされていますが、ここでは5ドアハッチバックを比較していきます。まず現行型(F20)1シリーズ(118i Sport)は、全長4340mm×全幅1765mm×全高1440mm、そしてホイールベースは2690mmとなります。続いてフォルクスワーゲン・ゴルフ(TSIトレンドライン )ですが、全長4265mm×全幅1800mm×全高1460mm、ホイールベース2635mmで1シリーズより短く、広く、高いと実用性を重視したボディサイズを採用しています。

BMW1真横

1765mmに抑えた全幅は日本のユーザーから評価が高い

メルセデス・ベンツAクラス(A180)は全長4300mm×全幅1780mm×全高1435mm、ホイールベース2700mmとなり、全長がやや短いことを除けば1シリーズ(F20)とかなり近いボディサイズを採用しています。またA3(スポーツバック 1.4 TFSI)は、全長4325mm×全幅1785mm×全高1450mm、ホイールベース2636mmとこちらもかなり1シリーズ(F20)と近いボディサイズとなっています。ゴルフと同じ「MQB」プラットフォームを採用していますが、全長は60mm長くなっています。ボディサイズが近い各車ですが、注目したいのが1シリーズ(F20)の全幅です。安全性能を向上させるためこのクラスでも1800mmに近い全幅を採用するモデルが多い中、安全性にこだわりながら全幅を1765mmに抑えているのは狭い道路や駐車環境が多い日本では使い勝手が良いことはいうまでもないでしょう。

エンジン

BMW118i(8AT) VWゴルフTSIトレンドライン(7AT) メルセデス・ベンツA180(7AT) アウディA3スポーツバック1.4TFSI(7AT)
エンジン種類 直列3気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCターボ 直列4気筒DOHCターボ
総排気量(cc) 1,498 1,197 1,595 1,394
最高出力(kW(ps)/rpm) 100(136)/4,400 77(105)/4,500〜5,500 90(122)/5,000 90(122)/5,000〜6,000
最大トルク(Nm/rpm) 220/1,250〜4,300 175/1,400〜4,000 200/1,250〜4,000 200/1,400〜4,000
JC08モード燃費(km/L) 18.1 21 17.6 19.5
駆動方式 FR(後輪駆動) FR(前輪駆動) FR(前輪駆動) FR(前輪駆動)
タイヤサイズ 195/55R16 195/65R15 205/55R16 205/55R16

3気筒から6気筒まで幅広いエンジンラインナップ

次に比較するのは搭載されるエンジンについて。1シリーズ(F20)に用意されるエンジンは、1.5L直列3気筒ターボ、1.6L直列4気筒ターボ、そして最高出力240kW(326ps)を発揮しハイパフォーマンスモデル「M135i」に搭載される3L直列6気筒ターボの3タイプ。トランスミッションは全てのグレードに8速ATが組み合わされます。続いてゴルフですが、1.2L直列4気筒ターボ、1.4L直列4気筒ターボ、2L直列4気筒ターボエンジンならびにハイブリッドと幅広いバリエーションが用意されています。

BMW1エンジン

走行性能を重視するため、BMWはエンジンラインナップにもこだわる

メルセデス・ベンツAクラスは、1.6L直列4気筒ターボ、2L直列4気筒ターボ、さらに「AMG A45 4MATIC」に搭載される2L直列4気筒ターボというエンジンラインナップ。トランスミッションは7速ATを組み合わせました。最後にアウディA3ですが、1.4L直列4気筒ターボ、ならびに1.8L直列4気筒ターボエンジンがラインナップされ、7速、および6速ATが設定されています。エンジンを比較して気づくのは、直列3気筒から直列6気筒まで豊富なエンジンラインナップを用意する1シリーズ(F20)。ここまでエンジンを用意しているBMWは、エントリーモデルでも走行性能にこだわっていることがわかりますよね。

エクステリア

BM1リア

小型ハッチにもBMWの伝統的なデザインを採用

エクステリアデザインは1シリーズ(F20)とライバル車たちは、どのように違っているのでしょうか。BMWの特徴といえるキドニーグリルと大きなエアインテークが目をひくフロントマスクが個性的な1シリーズ(F20)です。ハッチバックながらも、ショートオーバーハング+ロング・ホイールベースというBMWの伝統的なスタイルを採用していることも注目ポイントでしょう。ゴルフのハッチバックを見てみると、ひと目見て「ゴルフ」だとわかる伝統的なスタイルを採用しつつも、ロー&ワイドでスポーティなイメージを強調したデザインとなっています。メルセデス・ベンツAクラスも、現行モデルは従来のモデルとくらべ全高を大幅に低くしスポーティさを強調したエクステリアデザインとなりました。またボディラインなど躍動感を合わせ持つデザインはメルセデス・ベンツの上級モデルに共通するものです。そしてアウディA3ですが、サイドボディを貫く力強いラインが特徴で逞しさを強調するエクステリアデザインを採用しています。アウディの特徴であるシングルフレームも目をひきます。どのモデルも個性的ですが、FRレイアウトを採用し、ロングノーズの1シリーズ(F20)の美しいエクステリアがとくに印象に残るのではないでしょうか。

インテリア

(写真左上:BMW1シリーズ 写真右上:VWゴルフ 写真左下:メルセデス・ベンツAクラス 写真右下:アウディA3)

モダンで伝統的なドライバー志向のインテリア

ではインテリアは各車でどのように違うのでしょうか。他のモデル同様、BMW伝統のドライバー志向で設計された1シリーズ(F20)は、高い質感とモダンなデザインで仕上げられています。またサングラスなどの小物を入れるためにドアやセンターコンソールに収納スペースが設けられるなど、細かい箇所にも実用性にこだわった設計がなされているのも特徴といえるでしょう。派手さはないものの、実用性を徹底的にこだわったのがゴルフのインテリアです。ただし、スポーツモデルには3本スポークステアリングやアルミ調ペダルクラスターを、上級モデルにはレザーシートが装備されるなどグレードに応じた装備が施されています。センターコンソール上部に装着された8インチディスプレイが目立つメルセデス・ベンツAクラスのインテリアは、若々しさと上級モデルに負けない質感を備えています。シボ加工など、細部にまで質感にこだわった点はメルセデス・ベンツらしいポイントといえますね。アウディA3は、ゴルフとは違い高いクオリティを追求したインテリアを採用しています。アウディらしい先進的なデザインも個性といえるでしょう。各車ともインテリアのクオリティは「Cセグメント」とは思えないほど高いもので、いずれも個性的なデザインです。ただ、走りを楽しむことを重視して考えると、ドライバー志向でレイアウトされた1シリーズ(F20)のコックピットががぜん魅力的に思えてきます。

価格

BMW1正面

売れ筋グレードは300万円台

最後に価格を見ていきましょう。1シリーズ(F20)は、Standardの298万円からハイパフォーマンスモデルのM135iの578万円。ゴルフは、TSIトレンドの266万円からスポーツ仕様Rの549万円。Aクラスが、Styleの296万円からA45 AMG 4MATICの713万円。A3は、スポーツバック 1.4 TFSIの303万円からRS 3スポーツバックの756万円。いずれのモデルも主力グレードは300万円となっていますが、直列3気筒エンジン搭載車がすべて400万円を切る1シリーズの価格設定はユーザーにとって嬉しいポイントです。中でも118iは298万円からとライバル車と比べてもかなり戦略的な価格設定となっています。

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「現行BMWとライバル車を徹底比較(BMW1シリーズ vs VWゴルフ・メルセデスベンツAクラス・アウディA3 ) 」 に関するページです。

ページトップへ