メニュー

BMW SAVの第6弾 X2コンセプトが発表!!

BMW ニューモデル|, , ,

BMW SAVの第6弾 X2コンセプトが発表!!

BMWのSAVラインナップに新シリーズのコンセプトモデルBMW X2が発表

9月29日から開催されたパリサロンにて、BMWのXシリーズの最新モデルX2コンセプトがワールドプレミアを飾りました。ひとあし早くアウディQ2が発表されていることからもわかるとおり、コンパクトSUVブームは世界中で盛り上がりつつあります。一般的にSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)と呼ばれるこのジャンルで、BMWは「XシリーズはSUVではなくSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)だ」とその魅力を表現しています。そこで今回の記事ではX2コンセプトがどんな魅力を持つSAVなのか、限られた情報を基にですが推測してみました。

BMW X2コンセプトのモデル概要

X1のクーペモデルというポジション欧州デビューは2018年か?

BMWのSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)であるXシリーズは最もコンパクトなX1からX3、X4、X5、X6まで5つのモデルが設定されています。先日開催されたパリモーターショー16においてXシリーズ6番目のモデルとなるX2コンセプトが発表されました。X4とX6がX3そしてX5それぞれのクーペモデルという位置づけにあたるのはご存じのとおり。今回発表されたX2コンセプトは都市型SUVと呼ばれているX1のクーペモデルというポジションに当たります。したがって駆動方式はFF(前輪駆動)をベースとした2WDと4WDが用意されるでしょう。ワールドプレミアされた会場で、アドリアン・ファン・ホーイドンク上級副社長は「BMWコンセプトX2は楽しさと実用性を必要としているアクティブな人々のためのクルマである。そしてBMWブランドのコンパクトセグメント内の新しいエキサイティングな一面が表現されています」と語りました。余談ですが、兄弟ブランドのMINIでのクーペSUVと言えば生産終了となってしまったミニペースマン(R61)ですね。玄人受けする車だったものの、2ドアのクーペSUVだったことが広く評価されなかった原因です。BMW X2コンセプトはどちらも4ドアモデルですので、使い勝手には何も不満ないですよ。

bmw-x2-16101806

台形のキドニーグリルを採用した「鮫の鼻」を感じさせるフロントマスク

今回、発表されたX2コンセプトのプレスリリースにはデザインスタディモデルということでスタイリング以外の説明はほとんどありません。しかし、X2コンセプトのエクステリアデザインはこれまでのXシリーズだけでなく、BMWのモデルとは異なるデザインが取り入れられています。その中でも最も注目なのがBMWのアイコンであるキドニーグリルです。X2コンセプトのキドニーグリルは長方形ではなく、上から下へと広がる台形の形状を採用し「鮫の鼻」をイメージさせています。この台形のキドニーグリルのデザイン、そしてグリル下にある大きなエアインテークやサイドに設置された三角形のエアインテークによってフロントのワイド感やクルマの安定感を演出しています。そしてヘッドライトは古典的なBMWの丸型2灯式のヘッドライトを彷彿させるようにレーザ光を駆使した六角形のチューブが点灯します。そしてリアコンビネーションランプはBMWお馴染みのL字形状を採用し、LEDにより3次元グラフィックのように点灯します。

bmw-x2-16101807

スポーティでたくましい印象のルーフライン

X2コンセプトは長いホイールベースと短いオーバーハングというBMW車らしいデザインを踏襲しています。そしてSUVらしい21インチの大径ホイールを採用、ホイールアーチはその大きなホイールを強調するようなアクセントが施されています。なだらかに傾斜するルーフラインから続くCピラーは骨太でガッチリとしており、スポーティな印象を強めています。そのスポーティさはリアスタイルにも活かされており、リアエプロンにはボディカラーとは塗り分けられたディフューザーを採用し、高い空力性能を発揮します。

BMW X2コンセプトのライバルに目されるモデルは?

次期ミニクロスオーバー(F60)

ライバルはメルセデス・ベンツGLAや次期ミニクロスオーバー(F60)?

ドイツのプレミアムブランドが販売しているコンパクトSUVは、現在のところメルセデス・ベンツGLAのみです。しかしアウディQ2が2017年に国内導入が予定されていることを考えるとX2は2018年初頭には国内導入されるのではないでしょうか。価格はFF車が450万円、4WD車が500万円からではないかと予想します。X1は最近ディーゼル車が導入されましたが、X2にもディーゼル車が設定されるかどうかは注目です。一方、X2より早く新型ミニクロスオーバー(F60)も国内に導入されているでしょう。こちらにはディーゼルエンジンやPHVが設定されるのはほぼ確実です。シャシーなどが共通であることを考えるとどちらを選べばいいのか悩んでしまいますね。参考までに過去にほぼ同サイズのBMW X1と他車のライバル車を比較を掲載していますので、よろしければそちらもご覧ください。

BMW X1 中古車検索(掲載数国内最大級! BMWの中古車が8500台以上)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「BMW SAVの第6弾 X2コンセプトが発表!! 」 に関するページです。

ページトップへ