メニュー

第2世代クロスオーバー(R60)の生産終了が間近 次期モデルは10月にパリで発表?

ミニ購入ガイド|,

第2世代クロスオーバー(R60)の生産終了が間近、次期クロスオーバー(F60)は10月にパリで発表か?

2011年にミニ初のSUVモデルとして登場、当初はデザインやボディサイズに賛否があったものの、これまでミニに関心が無かった新たなユーザーを掘り起こしたのが第2世代のミニクロスオーバー(R60)です。ミニクロスオーバーには兄弟モデルと呼んでいいクーペSUVのミニペースマン(R61)というモデルもありますが、いよいよあと3ヶ月ほどでミニクロスオーバーもペースマンも販売終了となります。メーカー側は2016年10月生産までのスケジュールを組んでおり、日本各地のMINIディーラーに販売枠を割り当てていますが「10月までの生産計画に追加発注はないか? もうすぐ追加オーダーはできなくなるぞ?」とディーラー向けにアナウンスがあったようです。いい機会ですから、改めて第2世代のミニクロスオーバー(R60)の魅力について振り返ってみましょう。

※2016年10月末に新型ミニクロスオーバー(F60)が正式に発表されました。最新情報はこちらの記事にまとめていますので、よろしければご覧ください。

第3世代の次期ミニクロスオーバー(F60)はどんなモデルになるのか?

ミニクロスオーバー次期モデル(F60)2016年1月のスパイショット

プラグイン・ハイブリッドの登場は確実か

以前から少しずつ次期ミニクロスオーバー(F60)の情報がリークされていましたが、2016年10月に開催される「パリ・モーターショー」で世界初公開されるのは間違いなさそうですね。これまでのリリース発表、発売までのタイミングから考えると年内に日本でも発売がスタートするのではないでしょうか。また、BMW2シリーズアクティブツアラーですでに採用されているPHEV(プラグイン・ハイブリッド)が次期ミニクロスオーバーでも導入されるのが確実です(名称はミニクロスオーバーE?)。ミニクラブマンでも現行モデルの給油口の形状からPHEVの追加が噂されていますが、ミニクロスオーバーに続いて発表されるのでしょうね。

2016年10月17日にメーカーから次期クロスオーバーのPHVモデルのオフィシャル写真が発表されました。現行モデルとのフロントマスク形状の違いを比べるのに参考になるので、こちらに追記しておきますね。

次期ミニクロスオーバーと比較しての現行モデルの魅力とは?

MINI クロスオーバー(R60) MINI クラブマン(F54) BMW X1(F48) 2シリーズアクティブツアラー(F45)
全長 (mm) 4,105 4,253 4,439 4,350
全幅 (mm) 1,790 1,800 1,821 1,800
全高 (mm) 1,550 1,441 1,612 1,550
ホイールベース (mm) 2,595 2,670 2,670 2,670

BMWで実績のあるプラットフォームを採用

メーカー側が何年もの研究開発期間をかけてフルモデルチェンジする次期ミニクロスオーバー(F60)がエンジン性能や走りで現行モデルに劣ることはないでしょう。すでにミニクラブマンやBMW2シリーズアクティブツアラー、X1で実績のあるUKL2プラットフォーム(フレームや足回りなど、複数車種で共有される自動車の構成部品のこと)を次期ミニクロスオーバー(F60)は採用します。好調な販売を続けるアクティブツアラーやX1での評判が新しいミニクロスオーバーにも受け継がれるでしょうから、魅力的な車であることに疑いはありません。ただ、ボディサイズの点では皆さんがお住まいの地域次第では現行モデルに軍配が上がることもあるでしょう。次期ミニクロスオーバー(F60)のボディサイズは発表されていませんが、噂を元に推測すると上記表で紹介しているアクティブツアラーに近いサイズとなるはずです。ホイールベースがミニクラブマンやアクティブツアラー、X1と同じ数値なのは間違いないでしょうね。

ボディサイズの点で第2世代を好む人もいるはず

次期ミニクロスオーバー(F60)で推測されるボディサイズは一般的なSUVとしては大型とは言えません。しかし、現行のミニクロスオーバーの魅力の1つに絶妙なサイズを挙げる人も多くいます。5名乗車で後部座席が広く、積載性もなかなか、それでいてSUVとしてはコンパクトな部類に入るため細い路地が多い都心に住んでいる人にはベストな車でした。そういった点を評価している方にとっては、ボディサイズがミニクラブマン(F54)を超えるのが確実な次期ミニクロスオーバー(F60)は乗り換え対象にはなりません。ミニクラブマン(F54)登場時にもボディサイズの違いから先代モデル(R55)の中古車の販売が盛り上がった時期がありました。次期ミニクロスオーバー(F60)でも同様のことが起こるかもしれませんね。次期モデルはミニクロスオーバーの名前は受け継ぐものの、現行モデル(R60)が登場したときに新しいミニのファン層を獲得したように、ミニクラブマン(F54)がアウディA4やベンツCクラスなど1クラス上の輸入車からの乗り換えオーナーを獲得しているように、まったく新しい層にミニの魅力を伝えるモデルになっていくのでしょう。

ミニクロスオーバーのディーラー追加発注枠がもうすぐ締め切り

16071403

現行モデルのガソリン車を新車でオーダーするなら今!

前述した通り、ミニクロスオーバーの追加発注枠がないか全国のMINIディーラーへ通達が回っているのですが、クリーンディーゼルモデルが販売の主力となっているためミニクーパーD クロスオーバーとミニクーパーSD クロスオーバーであれば残り3ヶ月で日本にデリバリーされる車両の中から購入することができるでしょう(特定のボディカラーを選びたい人は早めに車両を押さえることをオススメします)。しかし、ガソリン車のONE、クーパーの場合、ギリギリにオーダーしようとしても日本への割り当て車両がないでしょう。4WDモデルのクーパーD ALL4、クーパーS ALL4、そしてジョンクーパーワークスのような以前から販売台数が限られていた車両も同様ですね。また、モダン・ブリティッシュな雰囲気と専用装備、オプション装備が豪華にセットになった「ミニクロスオーバー パークレーン」のような特別モデルも販売終了間際だと購入できない可能性があります。受注生産のカスタムオーダーも今がギリギリのタイミングです。フルモデルチェンジ後の第3世代のミニクロスオーバーはかなり大型化することは確実ですから、第2世代ミニクロスオーバーがベストサイズだと考える方は、新車にこだわるなら今のタイミングで購入することをオススメします。また、エンジン性能や燃費などは次期モデルの方が確実に上だと思いますが、だからと言って最新モデルの方が面白いとならないのがMINIやBMWの不思議なところです。編集部員も第3世代ミニ3ドアが登場した後にあえて第2世代のミニクーパーSを好んで購入したくらいですから。この辺りはメーカーにとっては悩ましい点ですね。

前期・後期ともクロスオーバーの中古車はお買い得になってきました

16071402

中古車の第2世代ミニクロスオーバー(R60)人気はまだまだ続きそう

以前から第2世代のミニクロスオーバー(R60)は2014年9月のマイナーチェンジ前のモデル(前期モデル)は認定中古車が手頃に購入できました。フロントマスクのデザインが変わった、クリーンディーゼルモデルは後期モデルから採用など前期・後期で違いはありますが、前期モデルの上品なデザインもなかなかいいと思いませんか? また、後期モデルもフルモデルチェンジが近づいてきたため、高年式・低走行車が少し手頃になってきました。フルモデルチェンジ前後にはオプション装備が豪華なディーラーの試乗車も中古車市場に出てくるでしょう。カスタムパーツの豊富さで考えてもフルモデルチェンジ後しばらくはパーツラインアップが限られるでしょうから、豊富にパーツが揃っている第2世代人気はまだまだ続くでしょうね。

ミニクロスオーバー(R60)、中古車検索(掲載数国内最大級! MINIが3000台以上)

【BMW・ミニへの買い替えをご検討中の方へ】

◆買い替えでよくある失敗にご注意!

今お乗りの愛車から乗り換えを行う際は、必ずネットで下取り相場を調べるのが大事です。よくある失敗は、ディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに契約してしまうパターン。一見好条件に見えても、実は今の愛車の下取り額が安く、結局損をしてしまうことも。

◆もはや常識!ネットの一括査定で下取り相場をチェック

ディーラーでの商談で少しでも良い条件を出すためには、あらかめネットで愛車の下取り見積を取得しておくのが鉄則です!反対にディーラーの査定金額が先にわかっている場合にも、買取店の査定でそれを言うと、それ以上の値が付くこともあります。

◆最大10店舗を比較して、最高額をチェック

見積もりを取るときは、複数の買取店に一括査定をお願いできるサイトが便利です。 エイチームの「かんたん車査定ガイド」 なら、最大10店舗を比較して、その中から最高額をチェックすることが出来ます。また入力も簡単で、最短約1分で完了します!

◆厳しい審査で選ばれた業者だけが加盟しているので安心!

「かんたん車査定ガイド」なら、JADRI(日本自動車流通研究所)の厳しい審査を受けた優良業者だけが加盟しています。そのため、強引な営業電話が何度もかかってくるような心配はありません。

▼査定申し込みはこちらから!

◆禁断の裏ワザ「入札制」とは?

ここで特別に、自動車の買取店の方から聞いた【裏ワザ】をご紹介します。下記の方法を使えば最初から高値が出やすくなるのです。

1.一括見積サイトからエントリーし、複数の買取店の査定申し込みを待つ。

2.同じ時間にアポイントを設定する。

3.査定が始まるタイミングで「入札制にしますので、査定金額を名刺の裏に買いて持ってきてください。一番高いところに売ります」という。

これにより、最初から最高値を出してくれて、スピーディに売ることができるようですよ。また買取店も「入札制」の方が早くて効率的なので、最近は嫌な顔をしないのだとか。CLUB CARSの読者の方からも、この方法とディーラーからの見積もり提示を組み合わせることで、なんと50万円以上も高値で売れたと報告をいただいています。 賢くBMW・ミニを購入するためにも、ぜひ愛車の下取額にはこだわってくださいね。

シェア

あなたにオススメの記事

この記事へのコメント

制作・協力

CLUB CARS 編集部

CLUB CARS編集部です。これから車を購入する人のための入門記事や購入した後、カーライフをもっと楽しめるようカスタムやメンテナンス、洗車などの記事を取材、掲載していきます。ご意見ご感想などございましたら、ページ下部の「お問い合わせ」よりご連絡をお願いします。

HP:公式サイト|Facebook|Twitter|Google+

CLUB BMW / MINIの更新情報を配信中

いつも「CLUB BMW」、「CLUB MINI」をご覧いただきありがとうございます。Facebook、Twitter、Google+ にて更新情報を常時配信しています。次期モデルなどのスクープは、いち早くソーシャルメディアで情報発信しますので、是非フォローしておいてくださいね。

RSS Feed をご希望の方はこちら(クラブビーエム、クラブミニ RSS)。


ミニクーパー、BMWのことなら!「CLUB CARS」
BMW/ミニクーパー初心者のための専門ウェブマガジン

これからミニクーパー/BMWを購入する方のための専門ウェブサイトです。BMWやMINI正規ディーラー検索やBMW/ミニクーパー購入ガイドやBMW/ミニクーパー中古車ガイド、レビューはもちろん、購入後のカーライフも楽しめるカスタム紹介やインタビューなど取材記事も豊富に展開します。ぜひ、あなたのミニライフにご活用ください。ここは「第2世代クロスオーバー(R60)の生産終了が間近 次期モデルは10月にパリで発表? 」 に関するページです。

ページトップへ